投資信託の仕組み

販売会社
銀行、証券会社、生命保険会社など投資信託を販売するところ
委託会社
投資信託を運用する会社(ファンドマネージャーはここに所属しています)
受託会社
投資資金や、株式・債券等を管理・保管するところ

もし、会社が倒産してしまったら、預けているお金はどうなるの?

販売会社の場合

販売会社の財産と投資家の財産(受益権)を分けて保管すること(「分別保管」といいます)が法律上義務付けられているため、販売会社が倒産したとしても、投資家の権利は保護されています。

委託会社の場合

委託会社(運用会社)は運用指図を行うだけで、投資家の財産の保管・管理を行なっていませんので、委託会社が倒産したとしても、投資家の財産に影響はありません。
投資信託は、ほかの委託会社に運用が引きつがれるか、繰上償還されることになりますが、ほかの委託会社が運用を引きついだ場合、投資家は引き続き投資信託を保有することができます。

受託会社の場合

投資家の財産は、「信託財産」として受託会社(信託銀行)で保管・管理されています。そして、受託会社の財産と「分別管理」することが法律上義務付けられていますので、受託会社が倒産したとしても、信託財産に影響はありません。
投資信託は、ほかの受託会社に業務が移されるか、そのときの基準価額で解約されることになりますが、ほかの受託会社に業務が移された場合、投資家は引き続き投資信託を保有することができます。

「初くんの投資教室」は、お客さまの理解と利便性向上に資するための情報提供を目的としたものであり、投資勧誘や銘柄推奨を目的とするものではありません。「初くんの投資教室」の内容については、当社が信頼できると判断した情報および資料等に基づいておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。また、作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

  • 当サイトは、投資家の皆さまがファンドの理解に資するための情報提供を目的とするものです。
  • 投資信託へのご投資を検討される場合には、必ず投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。また、ファンドの取得のお申込みを行う場合には投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめ、または同時に販売会社よりお渡しいたしますので、必ず投資信託説明書(交付目論見書)で内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託の信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。投資家の皆さまの投資元本は金融機関の預貯金と異なり保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険・保険契約者保護機構の保護の対象ではなく、また、登録金融機関から購入された投資信託は投資者保護基金の補償対象ではありません。