ジュニアNISA(ジュニアニーサ:未成年者少額投資非課税制度)ジュニアNISAの概要

ジュニアNISAは、2016年4月から始まった未成年者少額投資非課税制度の愛称で、お子様やお孫様の長期にわたる資産形成のための制度です。
この制度を利用することで、公募株式投資信託、上場株式等の配当金や売買益等が非課税となります。

ジュニアNISAの特徴

  1. 投資上限金額は、毎年80万円。非課税期間は最長5年間(累積最大 400万円)
  2. 口座開設可能期間は2016年4月から2023年12月末まで
  3. 公募株式投資信託、上場株式等の収益分配金・配当益等が対象
  4. 日本に居住する未成年者(0~19歳まで)の方が対象(口座開設年の1月1日時点)
  5. 20歳以降は自動的にNISA口座が開設 

ジュニアNISAのイメージ図

注1

  • 非課税期間5年間(非課税管理勘定)が終わると、時価で課税ジュニアNISA口座に移すか、翌年の非課税枠(値上がり益を含めたすべての金額が移管可能)を活用して、ジュニアNISA口座による非課税保有を続けることが可能。
  • 課税ジュニアNISA口座に移った証券等は、その後の配当金や売買益等については課税。ただし、ジュニアNISA口座で保有されていた期間に値上がりしていた場合、その分の値上がり益は非課税

注2

  • 2024年から2028年までの各年に設定されるロールオーバー(対象は2019年から2023年までの各年の設定分)専用の非課税枠。
  • ジュニアNISA口座で2019年から2023年の間に買付けた証券等について、各非課税期間(5年間)が終了するタイミングで当勘定に移管
  • 口座開設者が20歳になるまで非課税(1月1日において20歳である年の前年12月31日まで)で保有可能。新規投資は不可

ジュニアNISAの注意点

  1. 口座開設者が18歳になるまでに払出しを行う場合、過去の利益に課税され、ジュニアNISA口座を廃止することになります。
  2. ジュニアNISA口座は、1人1口座です。
  3. ジュニアNISA口座開設後は、金融機関の変更ができません。
  4. その年の非課税枠の未利用分は、翌年以降に繰り越せません。
  5. 他の口座との損益通算、損失の繰越控除はできません。

ご注意

お取扱いの詳細は、各金融機関により異なる場合があります。詳しくは口座を開設する各金融機関にお問い合わせください。

  • 当資料は明治安田アセットマネジメント株式会社が作成したものであり、法令に基づく開示書類ではありません。また、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。
  • 当資料は信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。また、当資料の記載内容、グラフ、数値等は資料作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当サイトは、投資家の皆さまがファンドの理解に資するための情報提供を目的とするものです。
  • 投資信託へのご投資を検討される場合には、必ず投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。また、ファンドの取得のお申込みを行う場合には投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめ、または同時に販売会社よりお渡しいたしますので、必ず投資信託説明書(交付目論見書)で内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託の信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。投資家の皆さまの投資元本は金融機関の預貯金と異なり保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険・保険契約者保護機構の保護の対象ではなく、また、登録金融機関から購入された投資信託は投資者保護基金の補償対象ではありません。