注目ファンド

明治安田アセットマネジメントのノーロードファンド

中長期の資産形成をバックアップ①

  • ニーズに合ったファンドを選んで投資することができます。

投資対象の異なる5つのファンドをラインナップ。ニーズに合ったファンドを選んで投資することができます。
(ファンド名をクリックすると、各ファンドの詳細へ移動します。)

ノーロード明治安田5資産バランス(安定コース/安定成長コース/積極コース)
→ マザーファンドへの投資を通じて、日本の資産(株式、債券、リート)および先進国の伝統的資産(株式、債券)へ分散投資

ノーロード明治安田日本株式アクティブ
→ マザーファンドへの投資を通じて、TOPIX500※に含まれる銘柄を中心に投資

  • TOPIX500は、東京証券取引所市場第一部銘柄(内国普通株式)の中から、時価総額及び流動性の高い500銘柄で構成される株価指数のことをいいます。

ノーロード明治安田J-REITアクティブ
→ マザーファンドへの投資を通じて、わが国の金融商品取引所に上場されている不動産投資信託証券(これに準ずるものを含む)に投資

ノーロード明治安田社債アクティブ<特化型>
→ マザーファンドへの投資を通じて、国内の金融債、事業債、円建外債、MBS(モーゲージ証券)、ABS(資産担保証券)に投資

ノーロード明治安田円資産バランス
→ 直接あるいはマザーファンドを通じて、日本の資産(債券、株式、不動産投資信託(リート))に分散投資

その他の注目ファンド

  • 当サイトは、投資家の皆さまがファンドの理解に資するための情報提供を目的とするものです。
  • 投資信託へのご投資を検討される場合には、必ず投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。また、ファンドの取得のお申込みを行う場合には投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめ、または同時に販売会社よりお渡しいたしますので、必ず投資信託説明書(交付目論見書)で内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託の信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。投資家の皆さまの投資元本は金融機関の預貯金と異なり保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険・保険契約者保護機構の保護の対象ではなく、また、登録金融機関から購入された投資信託は投資者保護基金の補償対象ではありません。