新ファンドのご案内

八十二 信州応援日本株ファンド【愛称:がんばれ信州】

八十二 信州応援日本株ファンド【愛称:がんばれ信州】
商品分類
追加型投信|国内|株式
日本経済新聞掲載名
がんばれ信州
有価証券届出書の提出日 2019年9月20日
有価証券届出書の効力発生日 2019年10月6日
設定日 2019年11月7日
当初申込期間 2019年10月7日~2019年11月6日
継続申込期間 2019年11月7日~
取扱販売会社 八十二銀行
八十二証券

ソシエテ・ジェネラル イタリア国債ユーロ円建リパッケージ債券(為替参照利回り変動型)ファンド2019-08【愛称:アズーリ201908】 <特化型>

ソシエテ・ジェネラル イタリア国債ユーロ円建リパッケージ債券(為替参照利回り変動型)ファンド2019-08【愛称:アズーリ201908】 <特化型>
商品分類
単位型投信|海外|資産複合|特殊型(条件付運用型)
日本経済新聞掲載名
アズーリ2019-08
設定日 2019年8月9日
当初申込期間 2019年7月16日~2019年8月8日
継続申込期間
取扱販売会社 岩手銀行、北海道銀行

にいがた未来応援日本株ファンド【愛称:にいがたの架け橋】

にいがた未来応援日本株ファンド【愛称:にいがたの架け橋】
商品分類
追加型投信|国内|株式
日本経済新聞掲載名
にいがた未来
有価証券届出書の提出日 2019年5月13日
有価証券届出書の効力発生日 2019年5月29日
設定日 2019年7月19日
当初申込期間 2019年5月29日~2019年7月18日
継続申込期間 2019年7月19日~
取扱販売会社 第四証券

明治安田日本債券オープン(年1回決算型)【愛称:しあわせ宣言(年1回決算型)】

明治安田日本債券オープン(年1回決算型)【愛称:しあわせ宣言(年1回決算型)】
商品分類
追加型投信|国内|債券
日本経済新聞掲載名
しあわせ年1
設定日 2018年7月17日
当初申込期間 2018年7月9日~2018年7月16日
継続申込期間 2018年7月17日~
取扱販売会社 楽天証券、SBI証券

明治安田クオリティ日本株オープン

明治安田クオリティ日本株オープン
商品分類
追加型投信|国内|株式
日本経済新聞掲載名
クオリティ
設定日 2018年6月26日
当初申込期間 2018年6月11日~2018年6月25日
継続申込期間 2018年6月26日~
取扱販売会社 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

下落抑制年2回更新型 日本株ファンド90【愛称:あんしん90日本株】

下落抑制年2回更新型 日本株ファンド90【愛称:あんしん90日本株】
商品分類
追加型投信|国内|株式
日本経済新聞掲載名
あんしん90
設定日 2018年6月1日
当初申込期間 2018年5月18日~2018年5月31日
継続申込期間 2018年6月1日~
取扱販売会社 中国銀行

明治安田日本中小型成長株式ファンド【愛称:つぶぞろい】

明治安田日本中小型成長株式ファンド【愛称:つぶぞろい】
商品分類
追加型投信|国内|株式
日本経済新聞掲載名
つぶぞろい
設定日 2018年5月18日
当初申込期間 2018年5月17日~2018年5月17日
継続申込期間 2018年5月18日~
取扱販売会社 楽天証券、SBI証券、名古屋銀行、マネックス証券

米ドル短中期債券ファンド

米ドル短中期債券ファンド
商品分類
追加型投信|海外|債券
日本経済新聞掲載名
US短中期
設定日 2018年2月27日
当初申込期間 2018年2月26日~2018年2月26日
継続申込期間 2018年2月27日~
取扱販売会社 楽天証券、SBI証券

NZドル短中期債券ファンド

NZドル短中期債券ファンド
商品分類
追加型投信|海外|債券
日本経済新聞掲載名
NZ短中期
設定日 2018年2月27日
当初申込期間 2018年2月26日~2018年2月26日
継続申込期間 2018年2月27日~
取扱販売会社 楽天証券、SBI証券

注目ファンド

注目情報

2分で診断する簡単・無料のロボアドから、モンテカルロ法を用いた投資シミュレーションまで。
5つのツールがあなたの資産形成をサポートします。

積立投資で将来設計をはじめてみませんか?
簡単・無料の投資シミュレーションがライフプランニングやファンド選択をサポートします(つみたてNISAにも対応)。

  • 当サイトは、投資家の皆さまがファンドの理解に資するための情報提供を目的とするものです。
  • 投資信託へのご投資を検討される場合には、必ず投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。また、ファンドの取得のお申込みを行う場合には投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめ、または同時に販売会社よりお渡しいたしますので、必ず投資信託説明書(交付目論見書)で内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託の信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。投資家の皆さまの投資元本は金融機関の預貯金と異なり保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険・保険契約者保護機構の保護の対象ではなく、また、登録金融機関から購入された投資信託は投資者保護基金の補償対象ではありません。